So-net無料ブログ作成

松山晋也『ピエール・バルーとサラヴァの時代』を読む・1 [本]

saravah_171001.jpg

昨年末亡くなったピエール・バルーの作ったサラヴァ (SARAVAH) は、フランスのインディペンデント・レーベルとしてひとつの時代を築いてきた。そのバルーとサラヴァとその周辺の歴史を丹念に辿っているこの本はわかりやすく、資料としても大変優れていて、すごいスピードで読み切ってしまった。

若い頃からバルーの目と耳と心は常に外へ向いていた。本のはじめにそのことが、旅に憧れる強い気持ちとして描かれている。

 しかし何より強く彼の心をとらえていたのは、旅への憧れである。
 「理由はわからないが、私には少年時代からいつも川岸のむこう側の知
 らない世界に憧れる “むこう岸願望” ってやつがあったんだ。それを歌
 ったのが〈むこう岸 L’Autre Rive〉だ」 (p.8)

それはセファルディとしての彼の血から来るものもあるのだろうが、たとえばアズナブールの両親はアルメニア系であり、ゲンズブールの両親はユダヤ系ロシア人であるように、フランスへと逃れてきたディアスポラに共通した何かであるようにも思える。

バルーはスポーツが好きで、自転車、テニス、ラグビー、バレーボールといった競技に熱心になり、そしてフランスにおけるジャズにも惹かれ、そうしたものに対する興味が次々に新しい出会いを彼にもたらす。サンフォーナ弾きのシヴーカとの出会い、フランシス・レイとの出会い、クロード・ルルーシュとの出会い、などなど。
そして決定的なのは出演した映画、ルルーシュの監督作品『男と女』(Un homme et une femme, 1966) の大ヒットである。音楽を担当したのはフランシス・レイ、映画はカンヌのグランプリとなり、ピエール・バルーとニコル・クロワジーユによるデュエットは一度聴いたら忘れない超有名曲となった。

しかしバルーはハリウッドに行って映画俳優になることも、スクエアな歌手となって音楽界に君臨することも拒否し、世の中で一般的に言われる成功への道とは異なる道へと進んでいった。サラヴァというレーベルを立ち上げ、売れ線でない音楽を世に出そうと考えたのである。

サラヴァのイメージとして最も強い光を放っているのがブリジット・フォンテーヌである。フォンテーヌの《ラジオのように》(comme à la radio, 1969) がなかったらサラヴァのその後は変わっていたかもしれないのだが、しかしバルーは、フォンテーヌの天才性を認めながらも、彼女を冷静に分析している。

 「彼女は他のシンガーをまったく認めなかったし、ほとんど誰とも交友
 を持つことがなかった。彼女が唯一認めていたのがゲンズブールだ。
 『フランスに才能のある音楽家は二人しかいない。ゲンズブールと私
 だ』。よくそう言ってたよ。彼女はサラヴァとも私とも徐々に疎遠にな
 っていったけど、それは我々の間の友情が壊れたという意味ではない。
 私とフォンテーヌの間には元々友情はなかったからね。私はただただ彼
 女の特別な才能に魅せられていたんだ。昔も今も」 (p.119)

フォンテーヌは最初、ややエキセントリックながらも伝統的シャンソンから出発し、ジャック・カネッティの3枚のアルバムではユニークではあったけれど、まだ単なるシャンソン止まりだった。初期の作品ではジャン=クロード・ヴァニエ、オリヴィエ・ブロック=レネといった編曲家の名前も見られるが、決定的なのはアレスキとの出会いである。

だが、アレスキの個性がいくらあったとしても、フォンテーヌ+アレスキをアート・アンサンブル・オブ・シカゴ (AEOC) と組ませたというのはバルーのアイデア、というより直感であって、それがなければ《ラジオのように》の伝説的ともいえる評価は決して定まらなかったといえるだろう。
しかしアルバム《Higelin & Areski》(1969) のほうが《ラジオのように》より前であること、同年にAEOCのBYG盤は3枚も出されていること、そして〈ラジオのように〉でトランペットを吹いているのはほとんどがレオ・スミスだということだが、彼は同年のアンソニー・ブラクストンのBYG盤にも参加しているということなど、いままでよく知らなかったことが詳しく書かれていて、俄然興味を引く。
前記したヴァニエについても、ゲンズブールの《メロディ・ネルソンの物語》におけるヴァニエの功績が不当に無視され、ゲンズブールとけんか別れしたことなど、エピソードにはことかかない。

ナナ・ヴァスコンセロスもバルーにとって重要なひとりだという。
彼はトロピカリズモのギタリスト、ジャルズ・マカレーのレコードでデビューしたのだそうだが、それからガトー・バルビエリのグループに参加したりしていたが、パリでバルーをたよってやってきたヴァスコンセロスの演奏を聴いて、彼のアルバムを出すことをバルーは即決する。それが《Africadeus》(1973) である。
その後、ヴァスコンセロスはエグベルト・ジスモンチのECMデビューであるアルバム《Dança Das Cabeças》(1977) に参加する。

その当時すでにバルーの名前は知れ渡っており、バルーのところに行けば何とかなるかもしれない、という評判につられてヴァスコンセロスもバルーを訪ねたということなのだ。音楽を見分ける確かな目とおおらかな心が、バルーの終生変わらない特徴だったように思える。

(つづく→2017年10月05日ブログ)


松山晋也/ピエール・バルーとサラヴァの時代 (青土社)
ピエール・バルーとサラヴァの時代




クロード・ルルーシュ/男と女 (Happinet)
男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版 [Blu-ray]




男と女 オリジナル・サウンドトラック (日本コロムビア)
男と女 オリジナル・サウンドトラック 2016リマスター・エディション




Nicole Croisille et Pierre Barouh/Plus fort que nous (live 1969)
https://www.youtube.com/watch?v=M9qPulvWkA4

Nicole Croisille et Pierre Barouh/Un homme et une femme (live 1966)
https://www.youtube.com/watch?v=M4yo58nTvhU

Brigitte Fontaine et Areski Belkacem/L'éternel retour
Les églantines sont peut-être formidables (1980)
https://www.youtube.com/watch?v=EbuRfNcp4aQ

Brigitte Fontaine et Areski Belkacem/L'été, l'été
comme à la radio (1970)
https://www.youtube.com/watch?v=QZla_ekGTRE

Brigitte Fontaine/Je suis décadente
Chansons décadentes et fantasmagoriques (1966)
https://www.youtube.com/watch?v=qRgr2gkGADE

Un homme et une femme (1966)
https://www.dailymotion.com/video/x24vcce
nice!(87)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽

nice! 87

コメント 2

末尾ルコ(アルベール)

>すごいスピードで読み切ってしまった。

そういう本って、ありますよね。わたしの場合、同時に「何年も前に買っているのに半分も読んでない本」も数え切れないほど。そもそも部屋の中の本の山や本の氷河(笑)の奥の方をたまに冒険すると、(うわあっ!こんな本を持ってたんだ!)という驚きもしょっちゅうです。
『男と女』を初めて観たのは名画座的映画館だったですが、もちろんその時は初公開から10年以上の年月が流れた後であって、わたしの場合は鑑賞前からあまりに有名なテーマ曲や映画の評価などもインプットされていました。それでも新鮮だったですね、あの作風は。いまだにメジャーな映画で『男と女』に比肩する作品はありませんので、クロード・ルルーシュは他作品は(どうなんだろう・・・)という内容のものも多いのですが、『男と女』は、とても嫌っている人もいるのですが、いろんな意味で革新的だったのは間違いありません。なにせいまだに日本の女性誌でしょっちゅう取り上げられているフランス映画は、『男と女』と『シェルブールの雨傘』ですものね。
作品中のピエール・バルー出演シーンはよく覚えていますが、バルー本人やその音楽そのものに強い興味を持ったことがなかったので、興味深く拝読いたしました。今後またバルー周辺に対しても新たな興味で鑑賞できそうです。
最近フランス人の友人とたまたま、アズナブールがアルメニア系という話題をしたばかりでして、特にフランスのように移民を受け入れてきた国にとって、その文化的刺激は極めて大きく、時に深刻な問題になることもありますね。ところで前からお尋ねしたかったことなのですが、lequiche様はモンタンやアズナブールの歌をどうお感じになりますか?実はわたしは、(すごくいいな)という気持ちになったことがないのです。この辺りがフランス人の友人とやや話が噛み違うところでして(笑)。お時間が許す折にお答えいただければ幸いです。
それにしてもブリジット・フォンテーヌの、「ゲンズブールと私だ」という言葉は凄いですね。そのまま歌のタイトルになりそうですね(笑)。ブリジット・フォンテーヌにもグッと興味が湧いてきました。
このお記事、「つづく」とのこと、磁界を、いや次回を心待ちにしております。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-10-01 16:52) 

lequiche

>> 末尾ルコ(アルベール)様

最近、読書スピードが遅くなっていると思っていましたが、
それは内容にもよるのだということが今回分かりました。
もっとも、ゆっくり読まないと咀嚼できない本の場合は別ですが。

ああなるほど、『男と女』と『シェルブールの雨傘』!
確かにそうですね。
ジャズだとカインド・オブ・ブルーやワルツ・フォー・デビイとか、
クラシックだと (以下略 ^^;)

モンタンやアズナブールをどう評価するのか、
というのは鋭いツッコミです。(^^)
それは日本でいうのなら演歌についてどう思う?
というような問いかけに似ていると思います。
いわゆるインテリにはブラッサンスやレオ・フェレなどを
至上とする意見も当然あります。
しかし、この本の中で触れられているのですが、
フォンテーヌはインタヴューで、ブラッサンスについて
「サウンドが素晴らしいと思う」 と答えたというのです。
これは相当な皮肉で、なぜならブラッサンスは歌詞の人ですから。

モンタンやアズナブールを通俗とする意見はありますし、
私はよく知りもしないで、
そういうものかと思っていた時期もありましたが、
以前、TVで偶然アズナブールのライヴを観たことがあり、
(その曲のタイトルがいまだにわからないのですが)
いや、そうじゃないんじゃない? と気がつきました。
でも何とも言えません。
ダメだという人はどこまでいってもダメでしょうし。
アズナブールの2年前のライヴ動画がYouTubeにあります。
もう声も出ませんし、ダメだといえばダメです。
後はルコさんが評価してください。
歌詞も訳詞もネットを探せばあります。

Charles Aznavour/Emmenez-moi (世界の果てに)
https://www.youtube.com/watch?v=8kHr6E6mUZ4

私がシャンソンを聴くきっかけになった歌手のひとりとして
カトリーヌ・ソヴァージュがいます。
大ヒット作〈Paris canaille〉はレオ・フェレですが、
でも曲調としては結構通俗のように聞こえます。
それについては5年前に簡単に書きました。
http://lequiche.blog.so-net.ne.jp/2012-12-14
そこにもリンクしてありますが〈Paris canaille〉はこれです。

Catherine Sauvage/Paris canaille
https://www.youtube.com/watch?v=f2X_Nwqb7IA

シャンソンなど最近の若いフランス人は聴かないでしょうし、
それはボサノバとかタンゴといったジャンルでも同様でしょうが、
でもね〜、と思います。
by lequiche (2017-10-01 19:29) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。