So-net無料ブログ作成

分かりやすさの罠 — ハンナ・アーレントについて [本]

Arendt_171016.jpg
Hannah Arendt
(http://rozenbergquarterly.comより)

本の解説やあとがきを先に読んでしまうのは、問題集を解く前に解答を見てしまうのに似ていて、よくないことなのだとは思っているのだが、NHKのEテレに《100分de名著》という番組があって、このテキストがなかなかよく書かれているのに気づいた。放送はもう終わってしまっているのだが、ハンナ・アーレントの回のを買ってきた。解説をしているのは仲正昌樹である。
というのは、ついこの前、『全体主義の起原』が改訂再刊されたのだが、いきなり読むのより少しは参考になるだろうという魂胆である。解答を先にこっそり見てしまうような後ろめたさが全くないわけではない。

ハンナ・アーレント (Hannah Arendt, 1906−1975) はドイツ系ユダヤ人で、3つの大学で学び、22歳で博士号をとったが、ナチスが擡頭する頃から政治的意識に目ざめ、反体制活動をしたことで逮捕されたり、強制収容所に入れられたりする。アーレントはドイツから逃れフランスへ、そして最終的にアメリカへと亡命する。
第二次大戦後、ドイツのナチズムとソ連のスターリニズムを全体主義とし、そうした考え方がなぜ形成されたのかを冷静に分析したのがアーレントの『全体主義の起原』(1951) である。

なぜユダヤ人がナチスによって迫害されたのかを考えるとき、ユダヤ人とは何だったのかという解説のなかで、シェークスピアの 「ベニスの商人」 の例がわかりやすい。ユダヤ人が経済的才覚を持っているのは 「金貸し業」 を請け負っていたためであり、金貸し業というのは 「汚れ仕事」 であって、キリスト教徒が従事することはできなかったのだが、結果として彼らが金融を動かすことで裕福になってしまったことが妬ましいという論理なのである。

 『ベニスの商人』はユダヤ人を利用しながら、都合が悪くなると悪魔呼
 ばわりするヨーロッパ社会の身勝手さを表した作品だと指摘する人もい
 ます。(p.18)

次にナポレオン戦争 (1776−1815) あたりから、国家が絶対君主制から 「国民国家」 (nation state) へと移行してゆくに従って、人々の間に 「国民」 意識が広まっていった。nationは 「国民」 と訳されるが、日本語のニュアンスとしては 「民族」 に近く、つまり国家を同質的なものにしようとすると、血を同じくする同族意識で団結してかたまることになり、その血以外の異分子を排除するメカニズムを持つことになる。その異分子として認識されたのがユダヤ人だというのである。
アーレントからの引用はこうである。

 国民国家という政治体 [ボディ・ポリティック] が他のすべての政治体
 と異なるところはまさに、その国家の構成員になる資格として国民的出
 自が、また、その住民全体の在り方としての同質性が、決定的に重視さ
 れることにあったからである。(p.21)

古代ローマが異民族に対して寛容であったのに対して、近代の国民国家は、単一の同質的な 「国民」 をベースとする共同体でありさらにアフリカを植民地として統治することが、人種という選別意識を助長させ、差別を顕在化させる契機となった、とアーレントは考える。
その 「民族」 という概念が、血族という考えとなりナショナリズムの萌芽となった。自分たちは選ばれた民族であるという意識が、身内と他者という選民意識となり、ドイツの場合、その他者がユダヤ人であったのである。

またアーレントは、第一次大戦後に、国境が移動したことによる難民の発生を無国籍者の発生と規定し、難民には人権がない、それはいままで民主主義の根本にあった人権思想が幻想に過ぎなかったのだと指摘する。それが21世紀の昨今に、より顕在化していることは確かだ。

 法による支配を追求してきた国民国家の限界が、国家の 「外」 に現れた
 のが無国籍者の問題であり、それが国家の 「内」 側に現れて、統治形態
 を変質させていくのが全体主義化だということもできると思います。
 (p.58)

と仲正は書く。

全体主義がなぜ擡頭したのか、の理由として、ドイツでは第一次大戦の敗戦による領土の縮小、経済的逼迫、さらに世界恐慌などによって 「不安と極度の緊張に晒された大衆が求めたのは、厳しい現実を忘れさせ、安心してすがることのできる 「世界観」。それを与えてくれたのがナチスであり、ソ連ではボルシェヴィズムで」 あったという (p.67)」。
こうした社会情勢の雰囲気が全体主義に陥りやすいきっかけとなるのだ。

 しかし、平生は政治を他人任せにしている人も、景気が悪化し、社会に
 不穏な空気が広がると、にわかに政治を語るようになります。こうした
 状況になったとき、何も考えていない大衆の一人一人が、誰かに何とか
 してほしいという切迫した感情を抱くようになると危険です。深く考え
 ることをしない大衆が求めるのは、安直な安心材料や、わかりやすいイ
 デオロギーのようなものです。それが全体主義的な運動へとつながって
 いったとアーレントは考察しています。(p.65)

アーレント自身の表現は、もっと簡潔にしてストレートである。

 ファシスト運動であれ共産主義運動であれヨーロッパの全体主義の運動
 の台頭に特徴的なのは、これらの運動が政治には全く無関心と見えてい
 た大衆、他のすべての政党が、愚かあるいは無感動でどうしようもない
 と諦めてきた大衆からメンバーをかき集めたことである (p.65)。

アルゼンチンに逃亡していたナチスSSであるアイヒマンの裁判を傍聴した記録『エルサレムのアイヒマン』(1963) で、アーレントは批判を浴び、多くの友人を失ったという。しかし彼女が自分の主張を変えることは、もちろんなかった。
諸悪の根源であり、大悪人であると見られていたアイヒマンを、アーレントは 「どこにでもいそうな市民」 であると形容し、極悪非道ぶりを暴いてくれると思っていた読者を空振りさせてしまったからである。アイヒマンが 「どこにでもいそうな市民」 なのだとしたら、翻れば誰もが条件さえ整えば 「アイヒマンのような人間になる可能性がある」 ということだ (p.98)。
それは現代の日本における犯罪報道やスキャンダルな報道が、犯人がいかに自分たちと違うかということに執心しているのと変わらない、と仲正は説く。

『全体主義の起原』に続くアーレントの著作『人間の条件』(1958) について、松岡正剛の〈千夜千冊〉を読んでみた (0341夜)。
そこでアーレントが指摘している世界危機は次のようであり、いずれも20世紀の特質だという。

 (1) 戦争と革命による危機。それにともなう独裁とファシズムの危機。
 (2) 大衆社会という危機。すなわち他人に倣った言動をしてしまうとい
   う危機。
 (3) 消費することだけが文化になっていく危機。何もかも捨てようとす
   る 「保存の意志を失った人間生活」 の危機。
 (4) 世界とは何かということを深く理解しようとしない危機。いいかえ
   れば、世界そのものから疎外されているという世界疎外の危機。
 (5) 人間として何かを作り出し、何かを考え出す基本がわからなくなっ
   ているという危機。

これは21世紀の今にも共通して、より痛切に成り立つ危機である。たとえば(3)は、安易で放蕩的な消費と、不健全な 「断捨離」 なるものを指していることに他ならない。
アーレントが提唱するのは、最も素朴に言えば、自ら物をつくり出し、仕事し、思考する、ということであると思う。
松岡は、こうしたアーレントの説明を古っぽいという。でありながらも 「アーレントを読むと何かのラディカルなリズムが胸を衝いてくるのを禁じえない」 と書く。それは松岡の数日前の1652夜、ヤン=ヴェルナー・ミュラー『ポピュリズムとは何か』において展開されている昨今の情勢への辛辣な意見と通底しているように思える。

「ユルゲン・ハーバーマスは、「人民は複数でしか (in the plural) あらわれることができない」 と言い、そういう複数の人民を従えた政治家が単一人民の代表者であるかのような相貌をとるのは危険な徴候だと見なした」 とする部分における複数というワードは、アーレントの 「複数性」 という概念に通じるものがある。
そして本来、エリート主義との対比で用いられてきたポピュリズムが今では 「「大衆迎合主義」 「衆愚政治」 「人気取り政治」 の、ときには 「大衆操作マキャベリズム」 の代名詞にすらなってきた」 と松岡はいう。それは全世界的傾向なのだ。現在の日本の憂うべきポピュリズムへの指摘——ポピュリストは大騒ぎすることが好きとかレファレンダムが好きなどということは、直接〈千夜千冊〉をお読みいただきたい。
とりあえず私は、古っぽいかもしれないアーレントにまず立ち返ることが必要だと痛切に感じている。仲正はテキストの最後にこう書いている。

 アーレントのメッセージは、いかなる状況においても 「複数性」 に耐え、
 「分かりやすさ」 の罠にはまってはならない——ということであり、私た
 ちにできるのは、この 「分かりにくい」 メッセージを反芻しつづけるこ
 とだと思います。(p.109)


ハンナ・アーレント/全体主義の起原 1 (みすず書房)
全体主義の起原 1――反ユダヤ主義 【新版】




100分de名著 ハンナ・アーレント『全体主義の起原』2017年9月 (NHK出版)
ハンナ・アーレント『全体主義の起原』 2017年9月 (100分 de 名著)

nice!(86)  コメント(10) 
共通テーマ:音楽

nice! 86

コメント 10

Enrique

なぜ大衆が愚かになるかの冷静な分析を大衆の側が理解できるかどうかでしょう。
例えば,車間距離をあければ渋滞になりにくいという分析結果があっても,先を急ぐ車は詰めろ詰めろと煽る愚かさに似ています。
正解の分かりにくさを反芻することは重要ですが,それを「しつこい・飽きた」と,分かりやすい誤答に走る愚かさ,そしてそれを利用する者が出てくる危険です。
by Enrique (2017-10-16 07:21) 

末尾ルコ(アルベール)

ハンナ・アーレントが近年大きく再注目されている現象に、「本物の思想の腰の強さ」を感じています。アーレントは1975年に亡くなっているのに、その内容は現代の日本を語っているようにも見えるという。映画『ハンナ・アーレント』が東京などでもスマッシュヒットしたことも記憶に新しいです。
とは言え、わたしの場合は『全体主義の起原』を含めてハーレントの著作にじっくり取り組んだわけではなく、今のところおおまかに知っているに過ぎないわけで、今回のお記事はとても分かりやすく、興味深く拝読いたしました。ちなみにわたしはアーレントより少し以前の女性思想家としてシモーヌ・ヴェイユ(政治家の方ではない)はよく読んでいます。ヴェイユの場合はカトリックを中心とした宗教思想が大きなテーマとなっていますが、人間の根源を見つめる視点が明晰でかつ文章が美しいので大好きです。
ユダヤ人迫害の歴史は、世界史が大好きなので一定のことは存じておりますが、アーレントの分析をこうして的確に説明していただけれると、よりクリアに再確認できます。

松岡正剛による説明も、基本的な内容でありながら、絶対に外すことができないものばかりですね。
特に、(2)(3)(4)は、SNSというツールが流通してしまった現在、より不気味な形で世界を覆っている感があります。
「古っぽい」という表現もおもしろいですが、真実を突いた「古っぽい」思考の中に、松岡正剛の言う「胸を衝いてくる」ものが多いのも世の常で、(4)について言えば、ソクラテスの「無知の知」というテーマがいまだ大衆にはまったく理解されてないことがよく分かります。「社会観察」の一環として、Yahooなどのコメント欄をしばしばチェックしていますが、いかに自分が「何も知らないか知らずに堂々と発信」している人間が山ほどいるのかよく分かります。

キューブリックに関するコメント、ありがとうございました。わたしも今なら、『バリー・リンドン』を押すと思います。『2001年~』は鈍重だし、「難解」という世評とは真逆で、明快過ぎて味わいに欠ける部分はありますね。『時計じかけ~』は、とにかく初鑑賞の時のインパクトが絶大で、リアルタイムではなくリバイバルか何かで、映画館で観たのですが、オープニングクレジットからマルカム・マクドゥエルのドアップまで痺れっ放しでした。近年はさほど観る気は起こらないですが。

音楽と文章の、芸術としての比較はおもしろいですね~。本来「詩」は、音楽と類縁の芸術だったとされますが、どうしても近代から現代にかけて人間は「言葉の意味」を考えてしまうことで音楽から離れてきたような気がします。しかし「吟遊詩人」という存在は、現代だからこそとても興味があります。

前回くださったコメント、多くの示唆をくださっており、何度となく読み返させていただいております。

まったくの余談ですが、ある程度の年齢以降のアーレントは思想家らしい威厳を漂わせていますけれど、若い頃はとても綺麗でしかも可愛い容姿なんですよね。 RUKO

by 末尾ルコ(アルベール) (2017-10-16 13:15) 

アヨアン・イゴカー

>大悪人であると見られていたアイヒマンを、アーレントは 「どこにでもいそうな市民」 であると形容し、極悪非道ぶりを暴いてくれると思っていた読者を空振りさせてしまった
今日、帰り道を歩きながらアイヒマンのこと、「どこにでもいそうな市民」とエリート官僚について考えていました。エリートとは何か、と言う定義からしなければなりませんが。
日本人が、中国などで多くの人を殺したのは「どこにでもいそうな市民」である、一般人でした。制度によって、仕組みに組み込まれ、巻き込まれ、自分の意志とは関係なく、意見を述べることを禁止され、他者が決めた他者の利益の為に、人が人を殺す。
義務教育の中で、耳の痛い、見たくない人間の醜い姿、負の部分をしっかりと教えてゆく、それが必要なのだと思います。
全体主義について、スターリンとヒトラーを同様に扱っているようですが、この二人は独裁者でしたがその根底は異なるのではないかと感じており、これはよく考えてみたいと思っています。
by アヨアン・イゴカー (2017-10-16 23:49) 

lequiche

>> Enrique 様

「分かりやすい誤答に走る愚かさ,そしてそれを利用する者」
というのがまさに昨今の負のイメージ的ポピュリストたちですね。
それで松岡正剛によればミュラーの結論は
ポピュリズムに対する有効な方法は見いだせなくて、
政治学や社会学は頓挫したままなんだそうです。
もちろん冷静な分析を大衆の側が理解できるはずもありません。
by lequiche (2017-10-17 05:27) 

lequiche

>> 末尾ルコ(アルベール)様

映画があったそうなのですが、私は知りませんでした。
観てみたいと思っています。
政治や経済のことは私はまるでわかりませんが、
アーレントは仕事関連でよく名前に触れることがあり、
ずっと興味を持っていた人でした。
ご指摘の通り、松岡正剛も 「内容は異なるが、
アーレントの姿勢はシモーヌ・ヴェイユに連なる」
と書いています。

ただ、アーレントはユダヤ人としての迫害を受けながらも
それで 「アンネの日記」 ならぬ 「ハンナの日記」 は書かなかった。
それを書くことは、非道な者たちの思考回路と同じレヴェルに
自らを貶めることになると考えたのではないでしょうか。

SNSは閉じた回路のなかでの狂躁のように思えますし、
Facebookやツイッターは、私はそもそもよく知りません。
インターネットでさまざまな意見を取得しているように見えながら、
実は自分の都合の良い意見だけを取捨選択して納得しているだけ
に過ぎない、と仲正昌樹も指摘しています。

時計じかけは、確かに一番クリアな映像ですね。
その狂気をもっと暗いほうに振ったのがシャイニングだと思います。

詩は言葉の意味の連なりも重要ですが、
もっと音韻的なものだけで成り立っているものもあるはずです。
つまり言葉がその言葉そのものの意味をあらわすとは限らず、
その全体の印象によって何か別の表象となる場合もあるし、
それゆえに詩なのです。
邪道かもしれませんが、私はリルケをそのように解しています。
まして歌詞の場合は、必ずしも整合性がある必要はありません。
矛盾した内容でも音が優先すればいいのです。
スナフキンとかパイドパイパーに一定の支持があるのは
現代の人間に喪失したものがまだ残っているからだと思うのです。

アーレントの若い頃の周囲の人たちの名前は驚くばかりですが、
哲学界におけるマリー・ローランサンだったのかもしれません。
(チガウカ! ^^;)
by lequiche (2017-10-17 05:28) 

lequiche

>> アヨアン・イゴカー様

戦争は狂気の発露ですが、
なぜその狂気に至ったかということを考えなければなりません。
そのきっかけがどうしてなのか、というのは
歴史書を読んでもリアルタイムでその場に居合わせたわけでないので、
正直いって、よくわからないように感じます。
でもそれで通り過ぎてしまうのではいけないのですね。

アーレントの全体主義の捉え方は、
それまでのセオリーとは異なるように思います。
全体主義に至る人間の思考過程が問題なのであって、
独裁の手法がどうだったかについては触れていないようですし、
独裁者がどうだったかよりも、それに動かされた民衆が
どのような経過をたどってそうなったのか、
ということに重点があるのだと思います。
by lequiche (2017-10-17 05:28) 

NO14Ruggerman

レベルの低いコメントでお恥ずかしいのですが、まずハンナ・アーレント…全く存じ上げず読み進めたら女性と解説されていることに腰を抜かしました。生い立ちや活躍された年代の共通性からアインシュタインのような方をイメージしたので。まるではじめてぼんぼちさんオフ会に参加したときのような衝撃です。笑
今週末は選挙ですがポピュリズムといえば希望の党代表のあの方を思い浮かべてしまいます。
どうなるのでしょうかねえ。
by NO14Ruggerman (2017-10-19 10:36) 

lequiche

>> NO14Ruggerman 様

はい、そうなんですけれど、すごく下世話な部分もあって、
師であるハイデガーと不倫関係にあったりとか、
しかもハイデガーはナチス協力者になるわけですが、
学問的成果と人間関係 (というか恋愛感情) とは
必ずしも平衡関係にあるわけではないです。(^^;)
松岡正剛はトランプのツィッターを
「140字のヘミングウェイ」 気取りだと揶揄していますが、
ポピュリズムはコイズミ劇場以降、
わかりやすいという名の下での詐欺師の手法ですし、
一般的に政治家は倫理感も知性も少ない人が多いですから
この先はまさにコンラッドの 「闇の奥」 です。
誰も止められる人はいないんです。トホホ。(-_-;)
まぁそれはいいとして、たまにはお会いしたいですね。(^^)b
by lequiche (2017-10-19 11:51) 

NO14Ruggerman

昨日もyummy詣でをしておりました(^^♪
ノーチラスとアキュフェーズが奏でる暖かみあるレコードの
サウンドをバックに音楽談議に花を咲かせたいものです♫
by NO14Ruggerman (2017-10-19 23:02) 

lequiche

>> NO14Ruggerman 様

アナログの音はいいですね。yummyもいいですね。
よろしければ左側にあるblog mailからメールください。
ご都合をお聞かせいただければ幸いです。
by lequiche (2017-10-20 15:36) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。