SSブログ
前の3件 | -

Echoes of Life — アリス=紗良・オット [音楽]

AliceSaraOtt_210923_b.jpg
Alice Sara Ott (チケットぴあサイトより)

アリス=紗良・オットの新アルバムはショパンのプレリュードなのだが、そのまま曲を並べるのでなく、何曲か毎に他の作曲家の作品が挿入されている。ジェルジュ・リゲティ、ニーノ・ロータ、そして武満徹など。
これらの附加された7曲の中のメインはサイトのトレーラーにあるアルヴォ・ペルトの 「アリーナのために」 (Für Alina) だろう。2分ほどの長さの曲で、プレリュード各曲のごく短い長さに似ているが、その響きは重い。まさに今の彼女の心象風景そのもののように映る。

しかしこうしたトラック・コンテンツのコンセプトは児玉桃のECM盤《Point and Line》を思い出させる。ドビュッシーと細川俊夫の曲をシャッフルしたようにして並べたアルバム。児玉桃の当該アルバムを聴いたとき、はっきり言って私は違和感を覚えたし、その必然性がわからなくて否定的な意見を書いた (児玉桃《Point and Line》については→2017年03月04日ブログ参照)。
だが今回のアリス=紗良・オットを聴いていて、一種のBGM的な、というよりむしろアンビエントに用いようとするような方向性としてとらえれば、それによってクラシックとかショパンといった高邁で不遜な牙城からそれらを引きずり下ろせるかもしれないという意図が見える。
インタヴューの中で彼女は

 そんなショパンを、少数のエリートではなく、普段クラシックを聴かな
 いリスナーにどうしたら聴いてもらえるか? そこで、一種のプレイリ
 ストを作るように、幾人かのふさわしい作曲家を選び出し、音楽的にシ
 ョパンと結びつけながら、全体がひとつの物語になるような流れを考え
 ていったんです (intoxicate #153)

と語っている。
そしてペルトについてはアリス自身の病気との関連性について、

 発病する前までは、ノイズがあふれる社会や過密スケジュールに自分を
 無理やり合わせるあまり、自分の身体が発するシグナル、「休ませてく
 れ」 という無意識の声を無視し続けていたと思うんです。絶対的な静寂
 の中でペルトの音楽に集中するように、体の声に真摯に耳を傾けること
 が大切なんですね

と言う。ペルトの音は寡黙であるが、しかしエリック・サティのように不安ではなく、モートン・フェルドマンのように禁欲的過ぎることはない。もっと自然で古風である。ペルトが人口に膾炙したのに果たしたECMの功績は大きいかもしれなくて、だから児玉桃のアルバムが成立したのだとも思える。《Echoes of Life》はECMではなくドイツ・グラモフォンだが、アリス=紗良・オットの入れ子のプログラムの意図を汲み取ったのは、そうした方向性がこれからますます主流になるだろうと考えてのことなのかもしれない。
サティやフェルドマンを通過してきた高橋アキのシューベルトは、古典派だけで暮らしてきたピアニストのシューベルトとは違う。ペルトの音楽もそれと同様に困難を通過して来た後のプリミティヴさなのであって、それは単なる素朴さとは異なる (高橋アキのシューベルトについては→2020年10月11日ブログ参照)。

クラシックの演奏家がイージーリスニングの曲を軽く演奏してみましたというのでなく、あるいは入門者向けの曲を集めてみましたというのでもなく、それなりのコンセプトを持ったたとえばリサ・バティアシュヴィリの《City Lights》のように、クラシックの敷居を低くして、イージーリスニングでありながら、だからといって妙にリスナーにおもねることのないもの。クラシックの組曲的な作品はそのようにして解体され、そのかわりとして滅びることから抜け出して生きながらえて行くのだろう。満月から欠け始めた月を見ながらそう思う。


アリス=紗良・オット/Echoes of Life (Universal Music)
Echoes Of Life エコーズ・オヴ・ライフ (初回限定盤)(UHQCD/MQA)(DVD付)




Lisa Batiashvili/City Lights (Deutsche Grammophon)
シティ・ライツ




Alice Sara Ott/Arvo Pärt: Für Alina
https://www.youtube.com/watch?v=YCs0kq3r88w

Alice Sara Ott/Franz Liszt: La Campanella
(Danmark Radio)
https://www.youtube.com/watch?v=sFHbZJaVyvA

Alice Sara Ott/Ravel: Piano Concerto, 2nd mov
Conductor, Christian Macelaru, 12 Oct 2019, Köln
https://www.youtube.com/watch?v=b99RKWD_8q4

尚、Echoes of Lifeは発売サイトで各曲を30秒間だけ聴くことができる。
https://www.universal-music.co.jp/alice-sara-ott/
nice!(55)  コメント(5) 
共通テーマ:音楽

Tokyofmを聴くとき [雑記]

AyatakeEzaki_210919.jpg
Ayatake Ezaki/薄光 PVより

radikoでさっきまで、SEKAI NO OWARI “The House” を聴いていた。夜のドライブにオススメの曲かぁ。この時間にFMを聴くのは珍しいが、こうしてたまに聴いてみるととてもリラックスする。ドライヴにパンクはダメだよね、という会話。こうやって何か内輪話みたいにゆるい感じでトークできるのがラジオの強みで、TVだとそういうのが許されないのはやはり映像を伴うからだろう。オンエアされたなかでAyatake Ezaki〈薄光〉が気になる。このわざとくぐもったようなピアノの音は何なの?
moraには

 WONK、millennium parade でキーボードを務め、King Gnu や
 Vaundy 等、数多くのアーティスト作品にレコーディング、プロデュー
 スで参加する音楽家、江﨑文武がソロでの活動をスタート。ファース
 ト・シングル『薄光』を配信リリース。

と作品紹介されている。

SEKAOWA_wiki_210919.jpg
SEKAI NO OWARI (wikipediaより)

FMはほとんどいつもTokyofmなので、他の局はあまり知らない。先日の坂本美雨 Dear Friendsはゲストが小松亮太で今年発売されたCD《ピアソラ/バンドネオン協奏曲》のプロモーションのようだったが、ピアソラもオーケストラと協演することには慣れてなくて、だからピアソラよりも良い演奏になっている部分もあるんじゃないかって語る小松、すごい自信だ。でもそういうものなのかもしれない。曲自体も結構美しいオーケストレーションがされている。
興奮するとタンゴの演奏者は走ってしまう、なぜならドラムがないからだというのにも、ちょっと納得。ロックはどんなにパッショネイトでもドラムがいるからリズムがしっかりしているとのこと。

dearFriends210915komatsu_210919.jpg
坂本美雨と小松亮太 (Tokyofm番組サイトより)

だらだらと聴いてしまうのは〈山崎怜奈の誰かに話したかったこと。〉で、この午後の2時間ワク、以前の高橋みなみにずっと慣れていたので最初は違和感があったのだが、1年経つとこっちに慣れてしまう。山崎怜奈がすごいのはほとんど噛まないこと。アナウンサー向きですよね。
ただしこの#ダレハナは月〜木で、金曜日は少し時間が違うが鈴木おさむと陣 (THE RAMPAGE from EXILE TRIBE) のJUMP UP MELODIES TOP20. これが時間が長いこともあるのだがとても面白い。YOASOBIの出た回は曲作りの方法論がよくわかった最初の番組だったと思う。TOP20は曲の選択が和洋混合メチャクチャだけれどそれがまた良いのかも。

RenaYamazaki_210919.jpg
山崎怜奈

ダレハナの後、午後3時からのTHE TRADは水・木がハマ・オカモト/中川絵美里で、このハマ・オカモトの担当回は特に楽しくてためになるのですが (稲垣吾郎ヴァージョンも好き)、時間の都合で全部聴いたことが滅多にないです。16日の放送はスピッツのアルバム《花鳥風月+》の特集。やっぱりね、ということでした。
画像はもちろんフェンダーのオカモト・モデルのカタナ・ベース。

HamaOkamoto_fender_210919.jpg
ハマ・オカモトのFender Katana Bass


Ayatake Ezaki/薄光
https://www.youtube.com/watch?v=GZpPt9DNNVo

End of the World/In My Dream
https://www.youtube.com/watch?v=0fnzl-p6CN4

坂本美雨/story
https://www.youtube.com/watch?v=egevyA9S65A
nice!(78)  コメント(14) 
共通テーマ:音楽

ユトレヒト1984のピアソラ [音楽]

piazzolla_lastalbum_10_210914.jpg
バンドネオン・シンフォニコ~アストル・ピアソラ・ラスト・コンサート

8月25日にソニー・ミュージック・ジャパンからピアソラのアルバムがアストル・ピアソラ・コレクション・シリーズとして10枚リリースされた。

ピアソラ、ピアソラを弾く
ピアソラか否か?
レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970
五重奏のためのコンチェルト
ブエノスアイレス市の現代ポピュラー音楽1
ブエノスアイレス市の現代ポピュラー音楽2
シンフォニア・デ・タンゴ
天使の死~オデオン劇場1973
ピアソラ=ゴジェネチェ・ライヴ 1982
バンドネオン・シンフォニコ~アストル・ピアソラ・ラスト・コンサート

である。
ピアソラ生誕100周年として、若い頃から晩年までのアルバムをRCA音源からチョイスした10枚とのことで、なぜこれを? みたいな不満がないでもないが、版権の制約もあるのだろうし、とりあえず日本盤がこれだけまとめて出されたのはそれだけでよしとしよう。コレクション・シリーズという名称になっているので、売れ行きが良ければ次があるということなのかもしれない。

ピアソラがその高名さにもかかわらず日本盤のアルバムが市場にあることが少ないのは、あまりにもアルバム枚数が多過ぎることにも原因がある。どれから出したらいいのかわからない、というのが正直なところだろう。だが最も有名なライヴであるはずの《Live in Wien》さえ現在廃盤であるのを見ると、この国のレコード会社には音楽的一般教養が無いのではないかとさえ思えてしまう。

ピアソラのライヴは、すでにお決まりの曲を繰り返し演奏しているのに過ぎないという陰口があるのかもしれないが、ひとつとして同じ演奏はなく、といってジャズと違ってアルゼンチン・タンゴはアドリブの音楽ではない。でありながら、そうしたテイストも持ち合わせているところがピアソラの特徴でもある。それゆえにスタジオ録音よりもライヴで、彼の演奏曲目は最も輝くように感じられる。
今回の10枚でのライヴというと、まず重要なのは《レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970》である。ブエノスアイレスのレジーナ劇場はいわゆる地元でのライヴであるが、当時のピアソラはまだタンゴ一筋で行くという決心には至らず、試行錯誤していた時期のようでもある。この時期にオラシオ・フェレールと作ったオペレッタ《Maria de Buenos Aires》はfr.wikiを読むと成功しなかったと書かれている。CDで聴くと慄然とするような美しいイントロなのだが、トータルとしての評価が伴わなかったのだろう。
そして《Muerte Del Angel 天使の死~オデオン劇場1973》は同じブエノスアイレスのオデオン劇場ライヴであるが、このアルバムのオリジナルがリリースされたのは1997年であり、彼の死後、milanからFundación Piazzolla名義で出されたアルバムのうちの1枚である。この後も続いてFundaciónでアルバムが出されるのかと思っていたのだが。

ピアソラのライヴで私が最も好きなのは、もう少し後年の演奏である。1984年7月4日、カナダのモンレアル (モントリオール)・ジャズ・フェスティヴァルにおける演奏と、同年10月27日、オランダのユトレヒトにおけるライヴはその白眉である。だが現在、どちらも映像メディアは入手しにくい。

各曲毎の切れ切れではあるが、その全曲をYouTubeで観ることができる。モンレアルとユトレヒトを比較するとユトレヒトはやや硬い感じがするが、この1984年がピアソラの最も優れた時期であったことは疑いがない。映像品質もユトレヒトのライヴが最も鮮明であるように感じる。
(尚、モンレアル・ジャズ・フェスティヴァルのことは以前の記事に書いたのでご参照いただければ幸いである→2015年08月29日ブログ)


mikiki記事:RCAビクター時代の名盤が一挙再発
https://mikiki.tokyo.jp/articles/-/29439

レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970 (SMJ)
レジーナ劇場のアストル・ピアソラ 1970




アストル・ピアソラ/天使の死〜オデオン劇場1973 (SMJ)
天使の死〜オデオン劇場1973




ASTOR PIAZZOLLA y su Quinteto Tango Nuevo
Live in Utrecht
The iconic concerto in Utrecht, October, 27th, 1984
Recorded for a live audience in the Vredenburg Music Hall,
Utrecht, Netherlands
尚、この映像は各曲毎に分割されているだけでなく、やや編集がされている。
全曲の映像は一番下にリンクしたbilibili.comで観ることができる。

1) Michelangelo ’70
https://www.youtube.com/watch?v=uuy51H55Fns

2) Milonga del Angel
https://www.youtube.com/watch?v=h0ha2ZM0L0g

3) Escualo
https://www.youtube.com/watch?v=gAySBMgXP40

4) Adios Nonino
https://www.youtube.com/watch?v=Ljq4K31puA4

5) Muerte del Angel
https://www.youtube.com/watch?v=wIfVzZWyHok

6) Resurreccion del Angel
https://www.youtube.com/watch?v=IScmTZPFQOs

7) Decarisimo
https://www.youtube.com/watch?v=k9b-Nz8Pi7c

8) Verano Porteno
https://www.youtube.com/watch?v=IaP0P8YDIsQ

9) Fracanapa
https://www.youtube.com/watch?v=9TpKhvTAVDs


full:
https://www.bilibili.com/video/BV12D4y1o7nT/

追記)
ピアソラ・コレクション・シリーズのリストを訂正しました。

誤:ピアソラ=ゴシェネチェ・ライヴ 1982
正:ピアソラ=ゴジェネチェ・ライヴ 1982

です。ソニー・ミュージック・ショップのサイトからそのままコピーしたら、サイトの表記が間違っていました。たぶん、ゴジェネチェ知らないんだろうなぁ、と思います。
nice!(72)  コメント(2) 
共通テーマ:音楽
前の3件 | -